おまえの匂いに我慢できねえよ

STORY
引き寄せられ唇を奪われ、高鳴る私の鼓動。
でも、彼が突然キスをしたのは…私が「くさい」から!?

――高校1年生の苺花は、クラスの一匹狼、薫と一緒にお昼を食べている。
ひょんな事から始まった2人の時間。
だが、それには薫から出されたある条件があった。
それは「お互いの距離を80センチは保つ事」

――しかし、うっかり条件を破ってしまった苺花。
その瞬間、薫にキスされてしまう。彼は咄嗟に謝ると、
自分が「超嗅覚」の持ち主だと語り出し…

――フェロモンを嗅ぐとオオカミ化しちゃう男子!?
そんな彼との甘酸っぱい日々が始まる!
金森ケイタ
においがテーマのお話になります。
楽しんで頂けるように頑張ります!
よろしくお願いいたします!
FAN LETTER
郵送での宛先はこちら
〒171-0022
東京都豊島区南池袋 2-25-5
藤久ビル東5号館3F
株式会社ウェイブ MEQLME編集部
ファンレター係
金森ケイタ先生 宛